AddBeam メソッド

構文

BOOL AddBeam(double dXPos, double dYPos, double dWidth, double dDepth, BOOL bOnCeiling, double dHeight,
    double dFromFloorHeight);

梁を追加します。

パラメータ

dXPos
配置位置X座標。
dYPos
配置位置Y座標。
dWidth
サイズ横。
dDepth
サイズ縦。
bOnCeiling
高さ設定。0で床からの高さを指定、1で天井につける。
dHeight
梁の高さ。
dFromFloorHeight
高さ設定が床からの高さを指定とき、床からの高さ。

戻り値

梁を追加できた場合 0 以外を返します。できなかった場合は 0 を返します。

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// 梁を追加
BOOL bRet = m_MadoriDoc->AddBeam(0, 2000, 0, 500, 400, TRUE, 500, 0);
if(!bRet){
	return;	// エラー
}