メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名家族のこだわりが詰まった家
作者名 siva様 (熊本県
パース図
→
写真
コメント

私がガス設備工事店に勤めていて、また父は一線をしりぞいたものの大工をしていたこともあり「できるところは自分たちで」をコンセプトに計画をはじめました。どんな家にしたいかを話し合うにあたり一番困ったのが父の構想を妻と母がイメージできない点でしたが、雑誌で「3Dマイホームデザイナー2000」の紹介記事を見つけこれだと思い早速購入しました。

妻と母のこだわりが、以前の家は台所が北側に面し昼間も照明を灯さないと暗く冬は特に寒かったので明るく広く使い勝手のよいのにしてくれとの事で台所は朝日の入る一番東側に決めそこから部屋の構成をソフトでつくりあげていき3D(立体)化してはみんなで検討に入ることでイメージを共存できました。
私のこだわりが、電気コンセント配置です。既存の家具をすべて採寸しソフトで3D(立体)化して家具を配置しスケールモードで空き寸法を確認し、そこにコンセントの配置をきめ「上から見た図」を印刷して指定位置を書き込み電気工事店に渡して検討と工事をしてもらいました。
父のこだわりは、部屋構成云々よりも外観にあり、こればかりはソフトを使いこなせない私では表現できず父の思うとおり、私たちからは想像をこえた作りになりました。

家ができるまでは休みのたびに基礎工事の手伝いや壁板のペンキ塗りや雑用と慌しい日々でしたが3Dマイホームデザイナー2000のおかげで業者と家族とお互いのイメージにずれがなくかなりスムーズに建てることができたと確信します。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ