メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名施主主導の家作り
作者名 風来坊様 (東京都
パース図
→
写真
コメント

ハウスメーカーが提供する条件を選択するだけの家作りは嫌だった。施主側が自分たちのイメージを具体化していく、納得できる家作りがしたかった。まずは、3Dマイホームデザイナーを購入。これにより、動線を勘案した間取り、窓の大きさ、風呂の向き、家具の配置なども詳細にシミュレーションできた。そんな作業と平行して、ハウスメーカーが作成する仕様見積書にも目を通し、施主のイメージとコストと仕様(クオリティ)の三点をを何度もぐるぐるしながら、仕様を固めていった。

家作りには、膨大な検討項目と長い行程がかかるため、忍耐不足でついハウスメーカーに丸投げしたくなってくる。しかし、こちらが一生に一棟の買い物でも、メーカー側にとっては何百棟のうちの一棟でしかない。施主がうるさく言わないと動いてくれないことも多々あった。しかし、同ソフトを使うことで、イメージを観て、根気を持ちつづけることができたのである。3Dマイホームデザイナーは、施主主導の家作りの大きな第一歩だったと思う。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ