メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名ナビゲーターはマイホームデザイナー
作者名 OK様 (埼玉県
パース図
→
写真
コメント

家づくりで大切な要素は、構造、デザイン、間取り、採光、通風等々、いろいろありますね。ハウスメーカーはそれらに優先順位をつけて欲しがりますが、どの要素も譲りがたく、明確な優先順位って、つけづらいものです。私はそのような場合の微妙な思いを正確に伝えるために、マイホームデザイナーを使って自分で表現し、詳細な打合せを重ねました。おかげでこれらの要素を自分の思う通りに両立させた、とても満足度の高い我が家が完成しました。

マイホームデザイナーには、間取りを分析し、各部屋配置の方角適正や、収納スペースの過不足をアドバイスしてくれる機能があったため、階段下に収納スペースを確保するなど、メーカ提案には無かった使い勝手を 設計に盛り込むことも出来ました。また、設計図には表現されないクロスや建具の「色」を実際の製品ラインナップから選択して確認出来ることは、自分自身のイメージ確立に非常に役に立ちました。イメージが確立されすぎて、竣工時の目新しさが半減してしまうほど効果があるのが難点といえば難点でしょうか。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ