メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名Ishi-kun’sHomeの建て替え
作者名 Ishi-kun様 (静岡県
パース図
→
写真
コメント

40年住んでいた家を取り壊し建て替えをしました。5年前に計画しはじめたところ、建築確認許可が下りず「待った」状態が続いていましたが、ついに着工〜竣工することが出来ました。昨年3月に元の家の取り壊しに着工し、4月29日に上棟式、10月1日にほぼ竣工し、10月15日に引渡しを受けました。

屋根は瓦、外壁はALC:軽量気泡コンクリート板(1階部分はタイルボード)、サッシはすべてペアガラスを採用したので、断熱性は一級品。火災保険も耐火造扱いです。義理の兄弟が建築設計士なので、基本的にこの建築士のアドバイスのもと、ハウスメーカーではなく、工務店に依頼し、一人の大工さんを指名ですべてを施工してもらいました。また、オール電化を採用し、給湯もエコキュートを採用しました。キッチンをはじめとする水周りは、妻の意見をすべて採用しました。(気持ちよく家事をしてもらうために・・・)住み始めて約3ヶ月ですが、ALC外壁のおかげか、快適な毎日です。玄関引き戸、屋内ドア、システムキッチン、システムバス、洗面台など、ほとんどを「トステム」で統一しました。

3Dマイホームデザイナー2006は、屋根・外壁・内壁・建具・照明器具…etc.…の検討に、たいへん役立ちました。ただし、我が家の場合、屋根形状など、ちょっと一ひねりしてあるため、実際のカタチにマイホームデザイナーで作り上げることは…出来ませんでした。(残念)今後も「エクステリア」検討にこのソフトを活用したいと考えています。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ