メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名デザインと機能性の調和
作者名 たか様 (愛媛県
パース図
→
写真
コメント

誰しもマイホームを建てたいという夢は持つもので、いつ建てるかという時期を迷うものです。私の場合は友人の後押しがあり即断できました。建築場所や住宅メーカは決めていましたので、まるまる半年間を設計に注ぎ込む事ができ、入居後の不満点はほとんどありません。

私が家作りで重視したことは、「デザインと機能性の調和」ということす。外壁の耐久性や居住性など優れた点は多くあるものの、内装の選択肢が少なくどうしても同じ家になりがちです。我が家では玄関ホールを6畳とり、ホールとリビングの壁をガラスにする事で、リビングもしくはホールを隣の部屋に取込み開放感を演出しています。また来客が多いため、1Fは店舗用のフロアタイルを用いて耐久性を、浴室を2Fに作ることで家族間のプライバシーにも配慮しています。
他にも色々とありますが、これから家を建てられるかたへのアドバイスを一つ言うと、手間を惜しまないことです。どんなに優秀な建築家でも住む人のライフスタイルを完璧には分かりません。だからこそ自分に合った設備や材料を探してみてください。あの時頑張っておいて良かったと思う時がきっと来るので、ぜひ頑張ってください。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ