メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名客間のある家(2世帯)
作者名 2世帯パパ様 (愛知県
パース図
→
写真
コメント

カミサンの両親との同居のため、旧宅を建替えました。義父の来客が多いのでリビングとは別に客間を設けました。小さな子供が2人いるので、リビングにおもちゃ出しっぱなしでもよいし、リビングから出て行かなくてもよいので妻子が喜んでいます。田舎なので土地に余裕があればこそですが、考えなしに広い家を作るとお金ばっかりかかるので、各部屋の大きさを必要最小限にとどめることに苦心しました。旧宅にカミサンのピアノがあり、ほとんど使われてはなかったのですが、残してほしいとの要望があり、インテリア代わりに客間に置くことに。応接セットと一緒に置くためにはスペースが厳しいので、いっそのことソファーとローテーブルの応接セットではなく、円形のダイニングテーブルと椅子を置くことにしました。ソファーではなく椅子が自由に動かせるので来客時とピアノを使うときとでお互い邪魔にならずに必要なスペースが確保できます。また、ダイニングテーブルは応接セットと比べお茶を飲んだりお菓子を食べたりするのに高さがちょうど良く、書類を見たり書いたりするような際も使い勝手がよいです。デザイン的にも悪くなくおさまっているのではないかと思います。 他にスペース上の工夫としては寝室を小さく作ったことです。ベッドを置いてクローゼットの扉が開けれればよいので、必要なスペースは6畳以下でした。無駄に大きくしなかったおかげで冷暖房の効きも良いといった効果もありました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ