メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名私の家造り 納得の家造りは難しい?
作者名 さんぞうちゃん様 (山口県
パース図
→
写真
コメント

マイホームを計画したのは数年前からでまずは土地探しから始め近所で候補を決めた。その後、家についてはいろいろな住宅メーカーを廻ったが、こちらの希望に応えられる所がなく2年近く保留状態となった。ちなみにその内容はまず、収納空間を無駄なく多くとれ、それでいて延べ面積が増えず、コストもあまり膨らまないこと。今年の春になってあるメーカーよりちょうど希望にかなう新商品がでてキャンペーンの期限内に契約を決めた。(今思えば、期限に捕らわれることなく納得いくまで検討すればと…)

工事着手は梅雨前で、基礎工事から上棟まで相当な雨量があり、これも時期がわるかったと後悔した。また、設備等の基本仕様も当初の営業トーク時より実仕様が落ちていると感じることがあり、これも契約時の仕様表を時間をかけてみていればと…。後はこちらの希望にあう様に変更契約等で増額となってしまったがこちらには納得の物をつけた。(この仕様決定の打合せには変更分も含めて相当の時間と労力をさいた…たぶん工事担当者もこれだけ回数をこなしたのは初めてでは…打合せ内容が次回反映されてないことも多くの要因ではあったが。)外観デザインは元商品の基本デザインから外壁等の素材を変更(窯業系→金属サイディング)し、色調も少しアレンジした。

最後に、家造りは何年もかけて基本的な構想していたものの、やはり実際の詳細を決めるとき迷いが出たり、図面上には見えない詳細部が希望と違っていたりと後悔した点はかなりあるものの、基本構造や間取りについてはほぼ満足できる形にはなったので良しとしようと思う。今後はこの想いを余裕が出来ればリフォーム等も視野に入れて行きたい。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ