メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名夢の実現
作者名 富士山が見えた様 (埼玉県
パース図
→
写真
コメント

今回の新築に際し、間取りを考えていた時にたまたまこのソフトを店頭で見つけ、即断即決で購入し、チャレンジしてみた。

まず苦労するのは、容積率(80%)いっぱいに建てようと思っていたのでそれに合わせた間取りで、尚且つ住み良い魅力ある間取りを考えることだった。間取りを考える上の必須条件は、夫婦と子供3人(21歳、19歳、16歳)の部屋を別々に取り、近い将来一緒に住むことになる家内の親の部屋を更に1部屋作り、リビングは20畳位ほしいし、見晴らしのよいスカイデッキも作るということだった。
間取りを考えていくと階段の位置の難しさが良く分かった。1Fが良くても2Fがうまく出来ない、あるいはその逆もしばしばあった。このソフトを使いながら、家族で何度も何度もパソコンの前に集まりながら、ああでもない、こうでもないと毎晩のように考えていたのが今となっては良い思い出になっている。

お蔭様で今はみんな大満足で、子供たちはしょっちゅう友達を呼んだりしている。天気がいいとスカイデッキからはここは埼玉県だが富士山が良く見えるのも最高である。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ