メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名こだわりの家
作者名 いけ様 (愛知県
パース図
→
写真
コメント

今回の家は土地探しから始まり、約20箇所ほどの土地を見に行って決めた。家を建てる会社も公務店やハウスメーカーを訪問し、最終的に4社の競合を行った。しかし、最初はどの会社も僕の希望通りの間取りを出す事が出来なかった。そこで、自分で間取り図を作成して相手に渡すことにし、インターネットで検索を行ったところ、『マイホームデザイナー』なるものの存在を知った。このソフトのおかげで建築会社にも自分のイメージを伝えることが出来、おおよその間取りを決める事が出来た。
結局ハウスメーカーに家を建ててもらうことになったのだが、かなり細かいところまで詰めたため詳細の間取りを決めるのに、約2ヶ月近くもかかってしまった。おかげで自分たちが満足する間取りを決める事が出来た。特にウォークスルーでは部屋の広さなど室内のイメージが凄くつかめた。
実際比べてみると今住んでいる感じとほぼ同じだったので驚いた。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ