メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名初挑戦
作者名 あき様 (千葉県
パース図
→
写真
コメント

以前から「お前の家を造ってやるよ」と、大工をやっている友人が言ってくれていたため、独学で家のことを勉強しどのような家を造ろうかと住宅展示場に何度も足を運んで、イメージを膨らませそれをマイホームデザイナーで作成した。そして、デザインした図面を建築設計事務所に渡して構造上必要な柱や耐力壁などを修正し、建築確認を受けた。
その間にも建築場所には、ビニールハウス、生垣や車庫があったために自分で取り壊しをしていたため常に週末は、その作業に追われ、平日の夕方は、銀行へ借り入れの手続きなどをした。あと、地鎮祭の時の巫女は地元ではどこで呼ばなくてはならないとか玉串料は?など、わからないことばかりで、いろいろな方に聞きました。
上棟式には、手配しておいた餅やお菓子などを投げ、夕方の祝賀会に備えて準備をしました。また、友人が遅くまで仕事をしている時などは、夕飯を出したり、自分が休日のときは、作業を手伝ったりしました。各工程が順調に進み無事に完成を迎えられました。

何をするにしてもすべてがはじめての経験で急がしい日々でしたが、家に携わるいろいろな職人の信頼関係により家が出来るのだと実感しました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ