メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名やっとできた!
作者名 HI様 (神奈川県
パース図
→
写真
コメント

ハウスメーカーとの打ち合わせで威力を発揮しました。平面図のみですと素人の自分だとどうしても立体感がつかめませんでした。帰宅後3Dマイホームデザイナーで3D(立体)化。次の打ち合わせからはパソコンを持ち込みながら提案された間取りをその場で入力。3D(立体)化し、様々な方向から視線を移し検討しました。間取りのイメージが瞬時にわかるので打ち合わせも順調に行えました。設計担当の人も是非会社で使いたいとおっしゃっていました。内装、エクステリアなどのパーツが豊富(パーツがイメージに無いかなぁ…といったときはデータセンタに接続すると意図したデザインに近いデータが見つかり重宝しました。)でいろいろなパターンで模様替えをしながら楽しみながら3Dマイホームデザイナーを使えたことが良かったと思います。

建築が終わり部屋から見るレイアウトが3Dで作った見え方と同じ(当たり前)事を確認し感動いたしました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ