メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名ゆったりと家づくり
作者名 bin-f様 (兵庫県
パース図
→
写真
コメント

家づくりには何よりも工期に余裕を持つことが大切だと思います。「○月×日までに今の家を出ないといけないから」といった理由で、新居の工事に妥協しないことです。退去期限があるなら、多少お金はかかりますが当面仮住まいに引っ越すくらいの気持ちのゆとりを持って家作りをしていれば、最後まで納得の行く形で進めることができると思います。家づくりはいったん妥協して進めてしまうと後戻りができません。後悔しないように、よく考えて家作りに臨むためには、まず時間的余裕を確保することが肝心です。

私達の場合も、理解ある設計事務所さんと工務店さんのおかげで、設計、施工にたっぷり時間をかけることができましたので、3Dマイホームデザイナーを使って細部にわたって気の済むまでシミュレーションを行い、イメージをつかむことができました。家づくりは一生に何度も味わうことのできないこの上ない楽しみなのですから、ゆっくりと堪能されることをお勧めします。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ