メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名イメージ通りの家づくり!
作者名 かぼゆり様 (長野県
パース図
→
写真
コメント

私達は家を設計するにおいて、「家」に何を求めるのか、まず自分達の「希望」を箇条書きに書き出してみました。大まかな項目から細かなこだわりに掘り下げ、更にそれらを現実できるか否かを時間をかけて検討していきました。家にかけられる予算の上限は変えようのないものなので、削られていく「希望」も多かったですが、結果、完成した家は予算の割には私達の満足のいく仕上がりとなりました。

まず私たちがこだわった点は、柱・床・天井・壁等、なるべく自然素材を使用し、できる限り地産地消になるよう心がけました。また、壁塗り等自分達が参加できる作業には積極的に参加し、「家」が完成される様を大工さん・左官さん・建具屋さんと共に見守っていきました。(時には口出しもさせていただきましたが。) ともすれば業者任せになりがちな家作りですが、自分達が積極的に家作りに参加できたことは、貴重な経験だったと思いますし、言葉では表現し難い自分達の希望・ニュアンスを伝えるには、現場で直接職人さんに伝えるのが1番だったと思います。

私達の頭の中には完成された希望の家があるのですが、実際建ってみないことには土地との微妙なバランス、壁や床等との色の調和等、どうにも想像が追いつかない点が多々ありましたが、「3Dマイホームデザイナー」を使用し、よりリアルに自分達の希望の「家」を視覚的に捉えることができました。
特に良かったのは、自分がその場にいるかのように、3D(立体)的に天井の高さ・部屋の広さ・狭さの間隔を体感できたことです。平面的な図面上ではどうしても感覚として捉えられない部分があるので、とても役立ちました。また家を建てるにおいて購入した土地は変形した土地だったので、その不規則な土地の上にどのようなバランスで家を建てるべきかについても「3Dマイホームデザイナー」を使用したことにより良い家が完成したと思います。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ