メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名家族がいつも一緒の家
作者名 満腹太郎様 (新潟県
パース図
→
写真
コメント

マイホームを建てると決めた時、妻と「家族が出来るだけお互いが見えるようにした!」と決めたのでキッチンとリビングと和室のそれぞれから、子供が小さいうちはどの場所にいても様子が見える様にしたいと考えました。そのために和室については、できるだけ開放的にしたかったので、扉を付けず壁面も出来るだけ少なくしたいし、リビングから出来るだけ畳も見えないようにしたかったので和室への入り口に段差をつけ床を高くしようと考えたのですが、実際そうした場合に、それぞれの部屋からどんな風に見えるのか、自分と妻が描いているイメージがあっているのかなど不安になり、話がなかなか決まらずどうしたらいいか悩んでいる時にこのソフトを知り早速購入してみました。

実際使ってみると操作性もよくホームページで素材のダウンロードもできたので、おかげで、外観や内観も3D(立体)的な家全体のイメージが、夫婦でよく確認しながら相談できたし、ホームメーカーの方との打ち合わせの際にも画像を付けてイメージを伝えることができたのでとても助かりました。入居してからも、イメージ通りの部屋に妻も子供もよろこんでくれ大変満足しています。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ