メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名構想を実現させてくれたソフトです。
作者名 hiro様 (京都府
パース図
→
写真
コメント

家の購入を決め、間取りを考える際 家相というものがあることを初めて知り、それをなんとかクリアしつつ、 小さいスペースに住みよい間取りを作ろうと奮闘し、行き詰まっているところにマイホームデザイナーと出会いました。
それまでの鉛筆と消しゴムを持つ手を、パソコンとペンタブレットに替え、効率よく間取りを様々に組みかえ、いくつものパターンを作り、 設計士の方からも意見を聞き、ようやく今の形に落ち着きました。その際、手持ちの家具、電化製品のサイズを元に、収納スペースや配置、スイッチ、コンセントの位置までも確認しながら決めていくことが出来ました。
外構プランも提案されたプランを参考に、 自分なりに変更を加えていきましたが、その時も、口頭や手書きでは伝わらないイメージを正しく伝えるために3D画像を印刷して、作業される方にも配りました。

家が完成し住んでみても、どの箇所も殆ど違和感がなく感じられました。この事は、実際の空間がリアルに表現できていたからだと思います。ただ、壁紙や外壁を選択するに当たって、イメージを画面上で確かめようといろいろ手を尽くしましたが、その点だけは上手く表現できませんでした。画面で表現できる色合いの特性もあるのでしょう。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ