メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名紆余曲折の末の新居です
作者名 Jupiter様 (兵庫県
パース図
→
写真
コメント

阪神淡路大震災で少なからずダメージを受けた我が家を立て直す決意をしたのは一年前のことでした。ほとんどの施主がそうであると思いますが、それほど建築関係の知識がある訳でもなく、当然のことのように住宅メーカの建築士さんに設計は一任の形で話が進みました。何案かのプレゼンの末、ベストと思われる案で契約の運びとなりましたが、話が進んで行く過程でとても納得できない内容であることが分かりました。階段下に位置するトイレの天井が階段のステップがそのまま露出し、当然のことながら天井高も低いところで1.4Mしかありませんでした。説明によると、最近の住宅事情ではそれほど異常なことではないということでしたが自分にとっては到底納得できない内容で、即刻契約を中止し計画を白紙に戻しました。

それ以来勉強を重ね、マイホームデザイナーも入手し、設計士さんにおんぶすることなく自分で案を出したものを、設計士さんに検証して頂く形で実現したのが当物件です。やはり自分でとことん考えたものは愛着も格別で、入居した現在も大いに満足しています。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ