メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名パソコンで間取り検討
作者名 中村 公彦様 (埼玉県
パース図
→
写真
コメント

以前からぼんやり考えていたのですが、10月に建て替えを決心し、子供の受験や今後のことなどを考え春休み仮住まい、夏休みに新居入居の日程だけ大枠を決めてしまいました。
設計士の方にイメージや要望を伝えたのですが、伝え方が悪いのか、希望通りの図面がなかなか出てきませんでした。この際間取りだけでも自分で作ろうと考え、そこへ思い出したのがCADの利用だったのですが、何でもできるけど使い方が難しい。たまたまネットで検索したらマイホームデザイナーが引っかかり、その場でダウンロードしてしまいました。

ほとんどマニュアルを見なくても直感で間取り図が描け、変更も簡単で、その上見取り図まで自動で作成してくれたので、検討の時間がかなり短縮でき、おかげで予定よりも早く入居できました。二階の窓の関係で、一階東の屋根を切妻でなく変形にしなければならず、それが表現できなかったのが図面上での不満ですが、何より間取り検討が楽だったのが気に入りました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ