メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名やっとできた自分の治療院
作者名 健治療院様 (長野県
パース図
→
写真
コメント

思えば4年前視力障害によりあん摩・マッサージ・指圧の道を選らばざるを得ない状態となって、常々考えていたことは自分の治療院を持つということでした。自宅は持ち家なのですが、場所的にも部屋数にしてもそこで開業できるものではなかったからです。
国家試験のため3年間の学生生活を送ることとなった私は、開業への計画を進めていきました。一応店舗としての形態ゆえに立地条件のいい土地探しから始まり、3年生の時にちょうどよい物件を購入、そしてたまたまテレビで紹介されていた3Dマイホームデザイナーをすぐに購入して計画を現実のものへと近づけていったのです。

当初は住居兼用としてあれこれ設計を繰り返していましたが、なんといっても無職の身の上、建設資金の目処がつかないまま時は過ぎていきました。卒業後1ヶ月程たった頃「新規事業融資制度」を知り建築と相成りました。当然多くは借りられないため、資金の範囲内でぎりぎり必要最小限の建物よいうことで、ここでも3Dマイホームデザイナーが大活躍、ほぼ自分の設計どうりの建物が出来上がりました。
次はもっと稼いで本宅を立ててみたいものです。目が悪いので拡大しながらの作業は大変でしたが…。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ