メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名吹き抜けと外観に凝った家
作者名 たっち様 (愛知県
パース図
→
写真
コメント

ハウスメーカーで立てましたが間取り提案を基に、データを入力して外観/内部を確認しつつ、設計細部を詰めていきました。このとき、打合せにノートパソコンを持参して、設計で迷っているときに、打合せの間にデータを更新し、見栄え、使い勝手でとても役立ちました。
例えば、外観ではフカシ部分の陰影の感じがよく分かりましたし、内装では、リビングの吹き抜け部分の雰囲気(見上げたり見下ろしたり)や、作りつけ家具にしてもらったキッチンとダイニング間のカウンタで、見栄え、使い勝手も分かりやすく、重宝しました。

また、データ上でウォークスルーしてみた結果、吹き抜け部分を懲りたくなり、ステンドガラスを入れることにしました。結果的にはこれでとても見栄えがよくなり、リビングでステンドガラスを見るたびに、心が浮き立つ喜びを感じます。これも、このソフトのおかげです。データ上もステンドガラスを再現させたいと思っていますが、少しハードルが高く、実現できていません。また、外構塀も曲面を多用したので、こちらもデータ上の再現ができておらず、残念です。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ