メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名4畳半で4LDK?
作者名 ざき様 (神奈川県
パース図
→
写真
コメント

家がほしくて広告に出ている土地を見つけては、その土地に収まるような間取りを自分で考え紙と鉛筆で手書きをしてました。お風呂、トイレ、キッチンなどの大きさがイメージできておらず実質4畳半の広さのところにすべてを押し込めてしまっていました。そんなことをしている私を不憫に思った主人が3Dマイホームデザイナーを買ってきてくれました。

手書きしていた図面を3Dマイホームデザイナーに入力してみると、今までの図面がつじつまの合っていないものであることに気づきました。ソフトを使うようになってからより現実的な図面を作成することができるようになり、工務店様との打ち合わせにも役立ちました。

実際に完成した家をみても、かなりソフト上のイメージと近いものができました。とても役に立ちました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ