メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名夢のマイホームができるまで
作者名 アオちゃん様 (岩手県
パース図
→
写真
コメント

2004年2月、家造りについて何も分からないまま土地を予約。土地を紹介してくれたメーカーと毎週打ち合わせをするも破談。さらに次にメーカーとは、半年以上も入念に打ち合わせするも結局間取りが決まらず破談。そのころからメーカーの提案任せにしてはいけない、自分の家は、自分の出考えなければ、という思いが強まり、マイホームデザイナーを購入。

実は、これが2つ目のソフトであった。前のソフトは使いづらく途中であきらめてしまっていた。しかし、マイホームデザイナーは、思い通りに間取りを作成できた。時間を見つけてはパソコンを操作し100以上の間取りを作成。出来の良い物をたたき台にして3社目と交渉。もちろんメーカーからも提案はあったが、自作の間取りがもっとも効率がよいと確信した。

ついに11月に契約、12月に着工した。雪の降る寒い中作業を進めてもらい、3月にとうとう完成。自分の思いを具現化でき、即3D(立体)化してイメージを持つことができたマイホームデザイナーには、本当に感謝している。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ