メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名夢のマイホ−ム・パ−トT
作者名 三浦 昌和様 (愛知県
パース図
→
写真
コメント

『自分の家の間取りは自分で考える』子供の頃からずっとそう思っていました。なぜなら私の父は大工さんだからです。今年で63歳になりますが、まだまだ現役で頑張っています。ですから父に建ててもらう事を当たり前の様に考えていました。

そこで『間取りは自分で』という事になる訳です。それに私の仕事は、業種こそ違いますが設計です。機械設計です。CADを使い3Dモデリングまでやっております。当然会社にはCATIAやPRO/Eといった3DCADからAUTO−CAD等の2DCADを多数保有していますが、『間取りを考える』といった意味では、この『3Dマイホ−ムデザイナ−』には勝てませんでした。

立派な家を建ててくれた父にも感謝しています。私も休みの度に作業服を着て手伝いました。いい思い出です。最後に今回パ−トTという事で別宅を建てましたが、数年後に本宅も建て直す予定です。もちろん『3Dマイホ−ムデザイナ−』で。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ