メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名マイホーム
作者名 shirokuma様 (神奈川県
パース図
→
写真
コメント

最初は、なんとなく住宅展示場に行って北欧風の家にあこがれていましたが、現実は厳しく、普通の住宅になりました。ですが、建売住宅を検討せずに限られた土地に自分達の家を建てる事になりました。

計画当初は、ハウスメーカーが提示する仕様に予算へ合わせて削っていくような方法で検討していました。ですが、その頃から近所の図書館にある住宅関連の書物を読み漁っていて雑誌等も見ていると、どうしても希望と(主に予算が)合わなくなってきました。この頃から、3Dマイホームデザイナーを購入し、間取りを検討したりしました。そして、それなりの土地も見つかったので、手ごろなビルダーへお願いする事にしました。 このときも色々と質問したり、設備等の情報をインターネット等で調べたりと、忙しいながらとても楽しかったです。 また、設計の人とは希望の条件を入れてもらうのにこちらからも提案したりして、取りいれてもらいました。それは、自転車を収納する部屋を作る事です。3Dマイホームデザイナーでも、この部屋と階段を作るのには苦労しました。

日当たりは悪いので、2階へリビングを設けました。冬は寒いですが、それなりに満足しています。ですが、やはり気に入らない所もあります。今後は3Dマイホームデザイナーを活用して、もっと良い住まいにしていきたいと思っているところです。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ