メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名ブレインシェアー!?
作者名 キンキン様 (秋田県
パース図
→
写真
コメント

「住宅の新築」実は、貸屋のオフィススペースへの変更と段差の多い旧宅のバリアフリー化というダブルリフォームが計画のスタートでした。工務店さんに見積りを御願いすると、費用が新築1軒と大差がないことが解り、急遽貸屋スペースに高齢の母の生活を考えた住宅の新築へ方針大転換です。

当初、工務店さんからはグラフ用紙へのラフスケッチで設計士にイメージを伝えてくださいと連絡を受けましたが、図面には抵抗がありませんでしたが、どうしてもCAD図面ではイメージがわきません。ましてや家族に相談してもイメージがわかないらしく相談になりません。パソコン雑誌にて「3Dマイホームデザイナー」を知り、早速購入し数パターン間取りを家族と考え、設計士の方との初回打ち合わせ時には間取り図・パース図を示しての打ち合わせとなりました。

目を丸くしたのは設計士さんです。設計士さんも「3DマイホームデザイナーPRO」を購入され、後はメールで情報を交換しながらお互いのイメージを摺り合わせ、データを共有して作業を進めました。おかげで段差のない、各部屋への出入りは車いすでもできるようなこちらの望んだ新居となりました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ