メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名立替に利用させて頂きました
作者名 pasha様 (北海道
パース図
→
写真
コメント

今回新築する以前は同じ土地で一戸建てに住んでおり、つまり立替を行いました。立替にあたって数社から見積を頂いたのですが、大手ハウスメーカーはどれも予算が合わず、ローコストのホームメーカーに決定しました。

どちらかというと家の新築それ自体よりも、家の解体の方が苦労したかも知れません。既存家屋(鉄骨)解体にあたっては、当初は解体費用140万程度と見積されていたものの、実際には倍近くの費用がかかってしまいました。それは既存家屋のガスヒーポンの撤去、上水道を止水するため隣家(実の姉の家)のロードヒーティング部分の掘削・撤去、などをホームメーカーが見落としており、直前にそれを言われてとても頭が痛かったのを覚えています。

新築それ自体は3Dマイホームデザイナー2005を使用し、間取りなどはほとんど自分で決定しました。おかげで大変満足する出来映えとなっていると思います。欠点を挙げるとすれば、外観をもう少し洗練させれば良かったと思いますが、外を見ながら生活する訳ではありませんし、それはまた次の機会に、と思っています(^^;

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ