メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名半地下とスキップフロア
作者名 くま様 (岩手県
パース図
→
写真
コメント

漠然と「オーディオやドラムのようなでかい音を出しても、近所から迷惑がられない家が欲しい」と思っていて、いつか家を持つようになったら半地下のある家にしようと思っていました。

半地下にすると、いずれかの部屋が持ち上がります。リビングとキッチンをスキップフロアにしました。部屋と部屋の関係が複雑になり、平面図では分かりにくくなります。実際、メーカーの工事担当の方も床レベルの違う部屋同士を同レベルと勘違いしたほどです。

3Dマイホームデザイナーでシミュレーションしたおかげで、床下のちょっとしたスペースを生かすなど、スキップフロアと半地下の複雑な位置関係をしっかり把握できました。ワークスペース下のサーバースペースやリビングのライティングや焼き肉テーブルとライトフライヤー設置のシミュレーション、ご近所さんとの位置関係のシミュレーション、スイッチ位置など、3Dモデリングによるメリットをたっぷり享受しました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ