メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名宮崎台の狭小住宅
作者名 杉野繁樹様 (福岡県
→
コメント

最初から無謀にもPRO Verion3で屋根が片流れの家に挑戦しました。

だんだん作りこんでいくうちに、三角窓や外壁、内壁およびドアも押し出しで部品から作らざるを得なくなり、そのうちほとんどの部品は自作となり、とうとうはまってしまいました。

外壁はラムダの無塗装横張りですが、既存のTEXTUREでは横目地と竪目地が気持ちよく通らないのと、色合いの雰囲気が出なかったのでTEXTUREを新たに作成しました。

そのために外壁と内壁を別々に作成した結果、実物の雰囲気が良く出ており、時間を掛けた分、満足のいく出来となっています。
内観パース作成のためライティングに時間を掛け思考錯誤しましたが、ラジオシティを導入しなければ満足の行く作品はPRO Verion3では出来ないとの結論に達した次第で、賞金でPRO4+インテリアと共に購入という淡い期待をいだいています。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ