メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名地下付き住宅アスペン
作者名 もくお様 (長野県
→
コメント
・図面の読めない家族に部屋の構成等を説明するのに役立ちました。
・地下付き住宅で1FのFLが高くなるのですが、道路から見た時の圧迫感の確認や、玄関に上がる階段の事前検討などに役立ちました。
・ウッドデッキは住宅竣工後に自作したものですが、このウッドデッキの大きさを検討する際(庭に対する圧迫感などの検討)に、大中小3種類のウッドデッキのモデル(m3d)を作り、大きさを決定しました。
・また、ウッドデッキを自作する際に、部材の構成や取付方も3Dパースで確認しました。
・部材の色(例えば、屋根、サイディング、幕板、雨樋など)を検討する際、3Dパースを作って資料としました。
前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ