メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名熱川完成図
作者名 上神谷 俊喜様 (神奈川県
→
コメント
3Dマイホームデザイナー2000発売当初、建築中の友人のマンションの図面を3D化したくて挑戦したソフトでしたが、 ついに今回2ndハウス実現で自分のためにも再挑戦することができました。
建築士さんが設計された間取図と側面図をもとに作業をスタートしましたが、屋根の形状が片流れのため、二階の壁が自作の屋根から突き抜けてしまうことに。これを避けるため、二階の壁高を1800mmに設定。
足らない壁の部分は平たくした三角柱を90度回転させたものをいくつか並べて使用。
2棟目の作品とは言っても、途中、多少の変更とかやり直しとかで本体完成直前の今も毎日こねくりまわして楽しんでいる次第。
三角壁は表裏同じ色になってしまう(内装の壁を追加すればいいのでしょうが)ので、内装は別の色を塗り別ファイルで保存。
2Fとロフトとの関係のAVI化にも成功。何度も繰り返し鑑賞して、完成前に詳細がつかめた感じ。8月末竣工予定です。
前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ