メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名1F 2Fワンルームの家
作者名 内藤 栄一様 (京都府
→
コメント

ハウスメーカーさんとの打ち合わせイメージを実際に確認するために、できるだけ寸法や色も忠実になるように努力しました。
間取りだけでなく、手持ちの家具の配置もこれで検討しました。
このソフトを使って、何度も何度もああでもないこうでもないと悩んだので、設計が確定するまでに非常に時間がかかってしまいましたが、お陰で実物も全くイメージどおりの完璧なものにすることができました。

外構もこのソフトで考えたのですが、実際にイメージを確認できるがために、あまりに何度も練り直したので、新居に住み始めて2ヶ月近くになる現在になって初めて内容が確定できました。(工事はまだ始まっていませんので、実物写真には外構がありません)
何もかもイメージどおりにできたのは、全くこのソフトのお陰で、非常に良かったです。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ