メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名吹き抜けのある我が家
作者名 近藤 仁様 (埼玉県
→
コメント

私の場合は外壁と日当たりにこだわりました。外壁はいくつかデータセンターからダウンロードし、3Dデータに貼り付けて微妙な風合いの確認をしました。
建設会社でもサンプルを見せてくれたのですが、面積的に狭くイメージが湧かなかったので、3Dマイホームデザイナーでの検討が効果あげました。また、ツートーンにもしたかったので、色の組み合わせや、2色をどこで見切るか(ベランダ上?下?、下屋根との取り合いは?)など、検討段階では10種類程度の「試作ハウス」ができています。
日当たりをよくするために吹き抜けを作り、2階部にジャロジー窓を入れました。日溜まりをイメージした黄色っぽい壁紙と相まって、家の真ん中にいつも明るい空間が出来ました。
これもソフト上で慎重にチェックしたので、失敗はありませんでした。使いこなしとしては、吹き抜け上の屋根の表現がうまくいかなかったのが残念です。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ