メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名村上邸
作者名 本山 佳仁様 (愛媛県
→
コメント

この家を建築する場所が市街化調整区域であり建築確認を出せる状態になるまでに約半年ほどかかったので間取り等の打ち合わせに時間がゆっくり取れました。

まず、間取りは施主様の友人がこんな間取りがいいという案をつくり、それに施主様の案をミックスし自社で建築強度を計算して出来上がりました。この土地の接面道路は北側にあり、外観は北面に重点を置き玄関ポーチを大きく取りたいということで1階と2階との屋根を同じようにし、2階の北側にベランダ(必要はないが、格好をよくするため)を持っていきました。

余分な話でしたが、マイホームデザイナーを使って1階の玄関ポーチ、2階の北側の屋根の桁・柱の出ている部分、玄関へのアプローチ、トータルな外壁の色使いなどを見て頂きました。そして、満足のいく建物が出来たと大変喜んで頂きました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ