メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名高野台自宅
作者名 秋元 靖史様 (茨城県
→
コメント

狭い縦長の土地、少ない予算、でもなんとか2000年の新年を新築のわが家で迎たい。
そんな思いで数年前から準備をしてきたわが家です。
外見はなんの変哲 ない総二階の四角い家ですが、断熱性、耐震性、耐久性などの基本性能は十分 吟味し、屋根には(描画できませんでしたが)太陽光発電装置と太陽熱温水器 組み込んだ、ローコスト・ハイパフォーマンスかつ環境重視という方針を実現 きたと自負しています。
全館冷暖房の効率を上げるため部屋数をなるべく少な し、仕切のドアも極力減らした結果、一風変わった間取り空間が作れました。
構想を煮詰める途中でこのソフトの存在を知り購入したため、細部に至るまで 事前にはとても使いこなせませんでしたが、概観のイメージを掴むことや、最後まで悩んだ階段付近の取り回しなど、図上とアタマだけではわかりにくい部分把握にはとても重要な武器だったと思います。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ