メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名luna『月の家』
作者名 清野 浩司様 (青森県
→
コメント

3DMHDを購入してはじめて作成した作品です。3Dソフト自体はじめて使用するので使いこなせるか不安でしたが、使い始めると思ったよりも扱いやすく驚いています。当初は自宅の設計にCGを活用してみようという安易な動機でしたが、現在ではクライアントへのプレゼンテーションツールとして、なくてはならない存在です。

今回応募した「luna『月の家』」は、はじめてということもあり、特にR壁の表現とそのR壁に開口を穴あけすることに非常に苦労しました。Rを表現するため壁を小割りに配置したため、開口部の穴開けを実行する際に、一方の壁しか認識しない時がありもう一方の壁の穴開けをプロパティから数値入力したりと、電卓片手に右往左往しました。でも苦労の甲斐あってR壁部分のデータが完成!R壁を作成することによってコマンドの操作にもなれ、続いては実際のレイアウトする予定の家具等のパーツを作りました。おかげで家具レイアウトの検討もでき、実際完成した我が家はほぼCG通りの住まいになりました。ただ、パーツなどにこりすぎたためレンダリングに膨大な時間がかかり、家族にCGを見せるまでに一週間ほどパソコンがフル稼働状態でした。

現在はクライアントに建物のイメージを伝える手段として活用させて頂いていますがCGを導入してからの受注率は現在のところ100%という脅威の記録を更新中です。また、クライアント側もこのソフトを使用されている方も多く、以前よりも密度の濃い設計が可能になりました。今回ははじめての作品ということもありデータ構成等荒削りの部分が多いと思いますが、これからMHDをはじめようと思っている方々にほんの少しでも参考になればと思っています。

私見ではありますが設計者と施主が同じソフトを共有し、CGという世界で個々のこだわりを表現することは実際に住まわれる方のこだわりと、イメージを共有できることにつながります。言葉では伝えきれないことをCGという世界で理解しあい、それを現実にフィードバックする。施主と設計者のコミュニケーションツールとして今以上に発展していくと確信しています。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ