メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名朝の出勤!完全二世帯住宅
作者名 山崎 諭志様 (愛知県
→
コメント

家を建てるにあたって、間取りを決めるのが一番大変でした。公庫の基準金利も適用させるためには、延床面積が175?以下でなければいけなかったのです。しかも、妻も3LDK以上、親世帯も3LDK以上という希望があり本当に困りました。今回、マイホームデザイナー2000を使って検討し、175?ぴったりのダブル3LDKを実現できました。
外溝工事はまだ終わってませんが、建物が完成したので建てました部門としました。作画にあたって苦労した点は、雨どいを一本、一本書くのが大変でした。雨どいをはじめ、外の階段の傾斜地用フェンス、ベランダ手すり、換気扇用外フード等、データセンターに無いパーツは自分で作成しました。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ