メガソフト トップ間取りソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ活用事例
 
作品名夢の途中
作者名 立枝 定治様 (茨城県
→
コメント

昨年の三月に一大決心をし、マイホームを購入する事にしました。それからはハウスメーカー詣でが始まり、やっとの思い(実際は楽しかったのですが)で間取りが決まりました。メーカーから提出された平面図を見ながら、完成した我が家を想像しているうちに、一足先に想像を具現化したくなってマイホームデザイナーを手に取りました。約二ヶ月間せこせこと製作したものが、今回エントリーした作品です。タイトルの「夢の途中」は、同封の写真を見て頂ければ分かる様に、まだ家が建っただけ(でも今は十分うれしいです)で、これから庭を作り上げていく、まさに途中だからです。庭いじりは暖かくなったらぼちぼちはじめるつもりで、今はマイホームデザイナーで植木の配置などをあれやこれや検討中です。

苦労した点
1、 屋根の編集で、切妻屋根と妻壁の作成方法がわかりませんでしたが、マイホームデザイナーのホームページにアクセスしたらタイムリーな情報が掲載されていたので助かりました。
2、 イメージにあったかわらと外壁材がみつからなかったので、ハウスメーカーのカタログをスキャナーで取り込み、オリジナルテクスチャを作成しました。出来栄えは実物そっくりなので非常に満足です。
3、 妻壁の換気孔やベランダの手すり、階段はオリジナルを作成しました。
4、 PentiumU266Mhz、ビデオメモリ4MBのマシンでは、ファイルサイズが大きくなると、ちと辛かったです。

お願い
玄関から一階をウォークスルーで眺めてみました。AVIファイルに変換するのにまる一日かかりました。出来具合はともかく、一度見ていただけると幸いです。
余談
出来上がった作品を妻に見せたら、「へー、すごいすごい」と関心していましたが、本当の苦労は何も知りません。

前へ
次へ
 
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ