3Dデザイナーシリーズ

住宅・建築プレゼンテーションソフト3Dデザイナーシリーズ

機能から製品を探す

家具や設備に合わせて壁を編集する

間取りで置いた部屋の壁は、必要に応じて開口を設けたり、部分的に削除したり、 R壁に変更することができます。
また、必要に応じて独立した壁を作成することもできます。
住宅プランはもちろん、店舗、オフィスのプランニングにも役立ちます。
壁開口
壁開口 ▲開口と壁削除を使用
ダイニングエリア ▲壁開口
飲食店 ▲壁高さ
衝立R ▲R壁と独立壁を使用

壁削除

置いた部屋の壁を、クリックした辺すべてを削除したり、マウスで範囲を指定したり、 プロパティパレットで細かく指定することができます。
壁削除1
壁高さ

壁開口・高さの指定

壁を削除する操作と同様に、マウスで範囲を指定することもできます。
開口部分を指定した後、プロパティパレットで床からの開口の位置、高さを指定することができます。
設置したキッチンなどのパーツに合わせて、開口をつくることもできます。

R壁

指定した壁をR壁に変更できます。
R壁の半径、または張出指定、R壁の向きを設定できるので、簡単に空間にアクセントを追加することができます。
R壁
独立壁

独立壁

必要な場所に、自由に壁を作ることができます。
袖壁や空間の仕切りといったアレンジにも利用できます。