3Dマイホームアルバム


お宅拝見!取材レポート
「3Dマイホームデザイナー」を活用して家づくりを実現されたユーザーを、とことんレポート!
   
バックナンバー

  構想10年、温泉付の「JeansHouse」いよいよ着工!
中村邸 (大分・別府市)
こんな家づくりがしたかった
自ら家づくりに参加する「終の住み家」

集合写真
(写真右が中村さん)
物件詳細
今回は、建築途中のお宅を取材しました。取材にご協力いただいたのは、3Dマイホームデザインコンテストで数々の受賞歴がある「JeansHouse」こと中村さんです。大阪にお住まいの中村さんが、構想10年の「終の住み家」のイメージを大分のビルダーさんとどのようにやり取りされたか、上棟式にもお邪魔してお話を伺ってきました。
これまでの作品
第1回作品第2回作品第3回作品第4回作品第5回作品
※作品画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

3Dマイホームデザイナー活用術
※各写真の番号は、物件詳細・間取り図に記載した撮影ポイントです。

遠隔地のビルダーとのコラボレーション方法

10年前に大分の土地を購入されてから、地域ビルダーを数社たずねられ、昨年秋に行われた現場見学会への参加と初期提案の内容により、地元の高本建設(株)に依頼すると決められた中村さん。遠距離での打ち合わせを効率的に行うため、「3Dマイホームデザイナーでデータのやり取りをしたい」との中村さんの提案に高本社長が応えられ、初期提案からメールにデータを添付して、建てたいイメージのやり取りを行ったそうです。

プレゼンボード画像

中村さんの希望を受けて、高本建設からは、 2月より具体的な提案をプレゼンボードデザイナーで作成し「ここは、こうなります」と直接コメントを書き込んだデータを添付して返信されることも多かった、とのこと。「離れていても、具体的な打ち合わせができた」とお二人とも3Dマイホームデザイナーを活用し、距離を超えたコミュニケーションができたようです。

提案をまとめたプレゼンボード
拡大する
 
   
 

グランプリユーザーならではの技の数々

中村さんは、8年半ほど前に発売された3Dマイホームデザイナーのバージョン1からのユーザーということもあり、メガソフトの開発メンバーも驚くほどのデータをつくられます。今回は「夢のわが家の実現」ということもあり、3D画面上で形状作成ツールを駆使して基礎や柱を表現した「スケルトンハウス」を作成されました。 外壁材や内装材の色や材質などは、基礎や軸組ができあがってから実際の空間を見ながら決めるそうで、シミュレーションでは補いきれない部分を現場で調整されています。

外観 リビングと吹き抜け 和室 現場での打ち合わせ
外観(スケルトン)のイメージ   リビングと吹き抜け   和室  
現場での打ち合わせ
拡大する

わが家の自慢・お気に入り
※各写真の番号は、物件詳細・間取り図に記載した撮影ポイントです。
温泉

●なんと自宅に温泉が!

別府、湯布院など周囲にも有名な温泉がありますが、温泉付の土地を購入された中村邸では、毎日楽しめるそうです。温室が隣接したゆったり3畳のスペースをとられた浴室は、なんともうらやましい限りの癒しの空間です。

 

家でゆっくり楽しめる温泉    
 

●「木の家」へのこだわり

中村邸は、県産材の「津江杉」を使用した木造在来工法の家です。その土地の植生にあった木は家の中でも生き続ける、という考え方で近くの山の木を使って長持ちする家を建てられるそうです。また梁などの構造材には、強度が高くリーズナブルな「集成材」を使用しています。シックハウスとは無縁の「木の家」は、とてもいい香りがしていました。

基礎と土台 接合金物
基礎と土台   接合金物

上棟式に参加させていただきました
 

5月30日(日)の上棟式に参加させていただきました。
上棟式とは、基礎工事が終わって柱が立ち、棟木が上がったときに行う行事です。昔は上棟祭といっておりましたが、最近では簡略化しており、上棟式という地域が多いそうです。

上棟式1 上棟式2 祝いの席
略儀の場合は、棟木をすでに上げておいて、棟札を中央に、米・塩・水・神酒の他、 海の物(魚・昆布など)・山の物(野菜・果物)などをお供えした祭壇を設けて行います。 祝詞奏上は棟梁が「かしこみかしこみ候。」と読み上げ、その後に施主の中村さん、 高本建設の社長が順に祭壇に「二拝礼二拍手一拝」でお参りし、建物の堅固長久と工事の安全を神様にお祈りされていました。 とても神聖なる儀式で、家を建てる人達の責任感や心意気などが伝わり、はじめて目の当たりにして感激してしまいました。
この後は、家の四方から餅を投げる散餅銭の儀や祝宴と続き、大工さんと施主さんが楽しく語らう場が設けられ、家づくりを支える人との一体感を味わうことができました。
取材物件詳細取材物件詳細
所在地 : 大分県別府市
家族構成 : ご夫婦とお母様
ソフト購入 : 1996年12月
工法・構造 : 木造在来工法
敷地面積 : 199m2
建築面積 : 97m2
竣 工 : 2004年9月予定
用途地域 : 第二種低層住居

※間取りは現在検討中です。
1階間取り図
2階間取り図
取材後記取材後記

建築中の家を取材させていただくことで、色やデザインなどのお化粧部分だけではなく、工法・材質・シロアリ対策など…長く住み続けられる家の基本となる部分に触れることができ、とても貴重な経験をさせていただきました。

取材中の高本社長の会話の中で、「車は試乗できたり、衣服は試着できたりするけれど、何千万円もする家はお試し期間がないんですよね。その分、実際に生活されている方の家を見学して住み心地などのお話を聞いたり、実物を見ないと決めがたい建具や設備の選定に現場で対応したり、ビルダーがその時々でどこまで柔軟に対応できるかでお施主さんの満足度が変わってくるんです」という言葉が印象的でした。
施主とビルダーの理想的なコラボレーションによる中村邸。完成したらまたぜひ取材させていただこうと思っています。

(レポーター 宮)

 
「Jeans House」竣工しました!
住まい手と作り手とが
とことん話し合った家づくり。
どんな家ができたのでしょうか?

取材レポート(第7回)
外観画像
 
ビルダー側の活用事例はこちら

今までのレポート

建物画像
第1回 立石邸
(兵庫・宝塚市)
日当たりのよい快適なマイホームに満足
建物画像
第2回 町田邸
(埼玉・蓮田市)
自ら積極的に参加し納得の家づくり
建物画像
第3回 天野邸
(愛知・岡崎市)
主婦の知恵と夢がつまったマイホーム
建物画像
第4回 根本邸
(神奈川・横浜市)
太陽の光と暮らす家

建物画像
第5回 中村邸
(大分・別府市)
構想10年、温泉付の「JeansHouse」着工
建物画像
第6回 村上邸
(福岡・北九州市)
海外にいても、日本で家づくりができる
建物画像
第7回 中村邸
(大分・別府市)
とことん語り合うことで満足度の高い家が完成
建物画像
第8回 内田邸
(埼玉・上里町)
施主とビルダーのこだわりで理想の住まいが完成

ページのトップへ戻る