3Dマイホームアルバム


お宅拝見!取材レポート
「3Dマイホームデザイナー」を活用して家づくりを実現されたユーザーを、とことんレポート!
   
バックナンバー

  主婦の知恵と夢がつまったマイホーム
天野邸 (愛知・岡崎市)
こんな家づくりがしたかった
家事と子育てをスイスイできる間取りを

天野邸外観
物件詳細
静かな住宅街に立つ天野邸。印象的なのは、2階にある広々としたバルコニー。バルコニーからの見通しも良く、「夏は花火大会も楽しめますよ」とのこと。奥さまが主体となり、間取りや収納スペース、建具の配置などを考えられただけあって、現在の住み心地にご夫婦ともに大満足、お子さんも元気いっぱいです。

3Dマイホームデザイナー活用術
※各写真の番号は、物件詳細・間取り図に記載した撮影ポイントです。

希望のイメージを作成し、ハウスメーカーへ逆提案

たまたま見学に行った住宅展示場で思いがけず相性の良い営業マンと出会い、すぐにそのハウスメーカーに心を固めた天野夫妻。はじめにハウスメーカーから出てきた提案には残念ながら魅力を感じることができず、「それならば自分たちで考えてみよう」と奥様が一念発起されました。パソコン初心者の奥さまでしたが、ご主人が以前に購入していた「3Dマイホームデザイナー」を使って、夜遅くまで悪戦苦闘。ようやく理想のイメージを作り上げ、担当者へ作ったデータを見せたところ、わかりやすいとたいへん好評で、「思っていたよりたくさんの希望が実現しました!」とお喜びの声。

 
バルコニー
夏は花火大会、冬は雪合戦を・・・第二の庭になっているバルコニー

将来は子供部屋を増設予定の2階バルコニー

なんと20畳以上もある広々バルコニー!「2階の子供室はまず長男が使う予定ですが、次男と共有してもよい。どうしても別に欲しいと言えば、このバルコニーに増築できるよう構造計算してもらっています」とご主人。今を完成形とせずにこれからも変えていくことができる柔軟性があります。もちろん、奥さまが「3Dマイホームデザイナー」で将来図を確かめたそうです。
 
和室イメージ 和室
3Dイメージ 左側上部に洗濯物用のバーが。パリッと乾いたら、その下でアイロンがけを。

どうしても欲しかった1階の和室

じっくり考えた間取りの中でも、とくに力を入れた1階の和室は、一見ごく普通の畳敷きの部屋ですが、奥さまの希望が盛り込まれた多機能さに感心!家族4人が川の字になれる寝室として、奥さまの家事を効率的に片づけるためのスペースとして活用されています。
「寝て、起きる。そして、洗濯物を取り込んで、片づける、が一つの部屋でできてしまうのでとても楽です」と、家事の手間が軽減されていることに奥さまも大満足。
和室・リビング収納
和室の収納の向こう側には扉があり、玄関からの出入りも可。

タンスもすっぽり入る収納スペースを確保

和室とリビングには大きな収納があり、和室の側には衣類用のタンスや布団を、リビングの側にはお子さんのおもちゃや生活用品などを収納しています。そのため、部屋の中は広々としていて常にすっきり!
また、玄関横もクローゼットを設置せず、ウォークインの収納スペースとすることで、広々とした玄関を実現されています 。
「3Dマイホームデザイナー」でしっかりと寸法を測ったり、収納面積を計算して確認された甲斐がありましたね!

わが家の自慢・お気に入り
キッチン・洗面所・浴室


家事と子育てを効率化する水まわりの動線
パース上面図 奥さまのホームポジションとなるキッチンからは、右手にお子さんたちが遊ぶリビングが、後方には洗面所や浴室があります。洗面所からは廊下を介してリビングに行くことができます。キッチン、洗面所、浴室エリア間の行き来がしやすいよう、部屋として区切らないことで、回遊式の動線が実現しました。
初めて訪れたお客さまに驚かれることもあるそうですが、奥さまは、「家事をしながら子供にも目が届くので、安心です」と家事労働をストレスなく快適にこなされています。
     
キッチン・洗面所・浴室
4:キッチンから右手に目をやると、リビングで遊ぶ子供たちに目が届く。
5:洗面所から見たキッチン。洗濯しながら調理もできるのがミソ。
6:キッチンから洗面所、浴室へと続くストレートの動線。
コルクフロアのリビング  

リビング


家族が集うコルクフロアのリビング
温もりがあって、体にもやさしいと注目されている素材“コルクフロア”を取り入れている天野邸のリビング。お子さんが人気のテレビ番組を見ながら飛び跳ねても、衝撃が少なく、けがの心配もありません。家族で過ごす時間が最も多いリビングにこの床材を採用したのは大成功だったようです。
こだわりの門柱  

エントランス


家の雰囲気にあったこだわりの門柱
天野家の表札が張られたイエローの門柱。ここは、職人さんに根気強く折衝してお気に入りの扇模様のコテ仕上げにしてもらったとか。素朴ななかにもこだわりが感じられて、家の「顔」としては、ばっちりの存在感です。

取材物件詳細取材物件詳細
所在地 : 愛知県岡崎市
家族構成 : ご夫婦、お子さま2人
ソフト購入 : 2002年
工法・構造 : 鉄骨造
敷地面積 : 174m2
建築面積 : 67.56m2
竣 工 : 2003年07月
用途地域 : 第一種低層住居
工事費 : 坪単価60万円
間取り図
   
取材後記取材後記

「今を快適に楽しく暮らすにはどうすればいいか」をモットーに家づくりをされた結果、家で過ごす時間が一番多い奥さまにとって居心地の良い、大満足のマイホームができあがったのだと納得しました。もちろん家族全員が今のお家での生活を楽しまれていることは言うまでもありません。
近い将来、今度はお子さん自身が「3Dマイホームデザイナー」を使って自分の部屋をつくってくれますように…。

(レポーター 吉)


今までのレポート

建物画像
第1回 立石邸
(兵庫・宝塚市)
日当たりのよい快適なマイホームに満足
建物画像
第2回 町田邸
(埼玉・蓮田市)
自ら積極的に参加し納得の家づくり
建物画像
第3回 天野邸
(愛知・岡崎市)
主婦の知恵と夢がつまったマイホーム
建物画像
第4回 根本邸
(神奈川・横浜市)
太陽の光と暮らす家

建物画像
第5回 中村邸
(大分・別府市)
構想10年、温泉付の「JeansHouse」着工
建物画像
第6回 村上邸
(福岡・北九州市)
海外にいても、日本で家づくりができる
建物画像
第7回 中村邸
(大分・別府市)
とことん語り合うことで満足度の高い家が完成
建物画像
第8回 内田邸
(埼玉・上里町)
施主とビルダーのこだわりで理想の住まいが完成

ページのトップへ戻る